FC2ブログ

みなとみらい 「海のエジプト展」

快晴で海風の気持ちよい日、みなとみらい 国際展示場の「海のエジプト展」に行って来た。

平日というのにえらい人気である。出かける前にネットで小学館のHPでクイズに答えると

割引券がもらえるのでプリントして行くとよいでしょう。

入場料¥2300が¥2200になります。

入り口で案内naviを¥500で借り入場。

展示物の前に人が張り付いてしまい、なかなか進まないため、案内naviを借りてよかった。

展示物は石ころばかりでCGを駆使したものばかりで目を引くものは少ないように思えた。

上野の方がよかったかな???

せっかく来た横浜、開港記念の催しが開かれていてにぎやかだ、そちらのほうが面白そうかな。

それに横浜はランチの美味しいところが沢山あるからね。

さあ、食べに行こう!!
スポンサーサイト



テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

# 優待券 大当たり!! 大多喜城CCでゴルフ 

先日、GDO(ゴルフ・ダイジャスト・オンライン)のゴルフゴルフ場、優待券が大当たり!!
大多喜城CCへ会社の仲間といってきました。

9月の連休前の平日ですが、特典は沢山あり、随分とお得感のある内容でした。

(特典)
? 朝食付き
? 昼食付+ドリンク付(ビール他)
? ラウンド中のIN・OUTにてドリンク付

*設備や対応は◎でした。

*コースは全体的に整備がよく綺麗でした。戦略的で適所にバンカーが配置されていて
 心憎いほどプレーヤーを考えさせられます。

*特徴的なのはグリーンがポテトチップで最近、回ったことのないほどアンジュレーション
  がきつく、パットにてこずった。3パットが何回あったことか・・・。
  パーオンしても3パットの連続だった。

  ポテトがせんべいなら80台前半であったろう。

  

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

ホンダ CB750

息子が憧れのホンダ CB750を手に入れた。

これまではフルドレスアップしたヤマハ ビッグスクータ マジェスティに乗っていたが、

やはり車と同じでどんどんケールアップして行くんだろう。

とてもマジェスティは気に入っていたが、加速に不満が出てきたようだ。

運転はとても楽で乗りやすいバイクであったが・・・。いいバイクであった。

今回は当時、期間限定で発売された特別色のCB750だ。

加速はやはり半端じゃないようだ。

まあ、オヤジとしては安全運転で楽しんで欲しい。


(下記は発売当初のホンダ ホームページより抜粋)
ロードスポーツバイク「CB750」の細部を変更するとともに
特別仕様の「CB750・スペシャル」を限定発売



 Hondaは、力強い出力特性の空冷・直列4気筒750ccエンジンを搭載し、端正なスタイリングのロードスポーツバイク「CB750」の細部を変更し10月1日(月)より発売。また、特別色と専用装備を施した「CB750・スペシャル」を受注期間限定※にて10月15日(月)より発売する。

 CB750は、より質感を高めるために、2種類のシート表皮を座面と側面に用い、パイピングを施したシートを採用。また、リアサスペンションスプリングの色をファイティングレッドとするなどして精悍なイメージとしている。車体色は、従来から好評を得ているキャンディーブレイジングレッドとパールヘロンブルーの2色を設定している。
 CB750・スペシャルは、デジタルシルバーメタリックとキャンディーブレイジングレッドの2色を設定。
カラーリングは、1979年に輸出車として北米と欧州を中心に販売した、直列6気筒1000ccエンジン搭載のスポーツモデル「CBX」のカラーリングをイメージさせ、タンク上面とリアカウルにはブラックのストライプを採用し高級感を演出している。専用仕様として、立体エンブレムを燃料タンクとリアカウルに採用するなど、特別感にあふれたものとしている。
 CB750は、1992年2月に国内販売を開始し、空冷・4ストローク・DOHC直列4気筒750ccエンジンを搭載することで、低・中回転域を多用する市街地走行から、高速道路を使ったツーリングなどにおいても快適な走行を可能としている。素直でスムーズな出力特性と取り回しやすさを兼ね備えることで、幅広いユーザーに好評を得ているロングセラーのロードスポーツモデルである。
※受注期間限定:受注期間は2007年9月28日から2007年11月11日まで



CB750 CB750・スペシャル


●販売計画台数(国内・年間) シリーズ合計 1,500台

●メーカー希望小売価格
CB750 787,500円(消費税抜き本体価格 750,000円)
CB750・スペシャル 819,000円(消費税抜き本体価格 780,000円)
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません。


お客様からのお問合せは、
「お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)」へお願い致します。



=CB750とCB750・スペシャルの主な特徴=

●伝統の空冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒エンジン 力強く滑らかな出力特性のエンジンは、キャブレターにスロットルポジションセンサーを装備し、スロットルの開度に合わせた最適な点火タイミングを選定することで、スロットルワークにリニアに対応できる優れたレスポンス性を発揮している。また、放熱効果に優れたアルミ製のオイルクーラーを装備。空冷エンジンならではの伝統的な美しさと力強さが、存在感を際立たせている。

●流麗で端正なスタイリング 燃料タンクからサイドカバー、そしてリアカウルに至る、流れるようなデザインは、CBシリーズの伝統を受け継ぐボリューム感にあふれたもので、クロームメッキの流麗なエキゾーストパイプやマフラーと相まって幅広い年齢層に支持されている。

●先進のセキュリティー Honda独自の盗難抑止機構H・I・S・S(Honda Ignition Security System)の装備に加え、強化ハンドルロックと強化キーシリンダーを採用している。また、駐車や保管中に、車体の揺れや移動を感知し、アラーム音で警告し点火系を遮断するイモビアラーム※(別売)にも対応している。
※(株)ホンダアクセス製

=CB750の変更点= ・ 2種類のシート表皮を座面と側面に用い、パイピングを施した質感の高いシート
・ ゴールドのフロントフォークのトップボルト
・ ファイティングレッドのリアサスペンションスプリング

=CB750・スペシャルの専用仕様= CB750をベースに、下記専用仕様を施し、特別感を演出している。
・ CBXをイメージしたスペシャルカラーとストライプの採用
・ グレーアルマイト仕上げのリアサスペンション・リザーバータンク
・ 軟質の立体エンブレムを燃料タンクとテールカウルに採用
・ クロームメッキのハンドルウエイト

=車体色= ・ CB750は、従来モデルと同じパールヘロンブルーとキャンディーブレイジングレッドの2色を設定。それぞれにホワイトをあしらったツートーンタイプとしている。
ホイールのカラーは、従来と同じく前・後にゴールドを採用。
・ CB750・スペシャルは、デジタルシルバーメタリックとキャンディーブレイジングレッドの2色を設定し、それぞれ燃料タンク上部とリアカウルにブラックのストライプをあしらっている。
ホイールのカラーは、前・後にシルバー塗装を施しシックな車体色にマッチさせている。



主要諸元

通称名 CB750/CB750・スペシャル
車名・型式 ホンダ・BC-RC42
全長×全幅×全高(m) 2.155×0.780×1.100
軸距(m) 1.495
最低地上高(m) 0.130
シート高(m) 0.795
車両重量(kg) 235
乗車定員(人) 2
燃料消費率(km/L) 27.0(60km/h定地走行テスト値)
最小回転半径(m) 2.7
エンジン型式・種類 RC17E・空冷 4ストローク DOHC4バルブ4気筒
総排気量(cm3) 747
内径×行程(mm) 67.0×53.0
圧縮比 9.3
最高出力(kW[PS]/rpm) 55[75]/8,500
最大トルク(N・m[kg・m]/rpm) 64[6.5]/7,500
キャブレター型式 VENAC
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 20
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式5段リターン
変速比 1 速 3.000
2 速 2.055
3 速 1.545
4 速 1.240
5 速 1.074
減速比(1次/2次) 1.780/2.600
キャスター(度)/トレール(mm) 26°00´/91
タイヤサイズ 前 120/70ZR 17M/C(58W) 120/70R 17M/C 58V
後 150/70ZR 17M/C(69W) 150/70R 17M/C 69V
ブレーキ形式 前 油圧式ダブルディスク
後 油圧式ディスク
懸架方式 前 テレスコピック式
後 スイングアーム式
フレーム形式 ダブルクレードル

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

tag : ホンダ CB750 バイク

# 「 不景気と五月病 」

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

# 夏の京都

高速1000円ということで今年は夏休みに福岡に帰ることにした。

8/1から8/7までの予定で車で福岡に帰りました。行き帰りに途中で1泊するので1000円適用日

を狙って帰りました。

8/1 千葉を出発し、京都東IC下車==>¥1050でした。(安す~。)

    京都、寺町通り散策、祇園散策、本能寺他・・・京都はいいーすな。

     ここ数十年、夏の京都ばかりですが・・・今度は秋の京都もいいな~。

     京都はメジャーなポイントは見尽くしてしまった。

     最近は足を使って穴場的ポイントを探す旅となっている。

     本日、宿泊したのは宝ヶ池の「グランドプリンス京都」

     であったが

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

プロフィール

ponyoman

Author:ponyoman
黄昏のPONYOMANです。!

おじさんのたわごとを綴ります。